銘柄分析

4423 アルテリア・ネットワークス

第2回日本株ファンダコンペエントリー銘柄として紹介させていただきます。

今回とても有益な企画を主催してくださる上原さん、スポンサーのバフェットコードさん、そして審査員の方々にお礼申し上げます。

以下、銘柄のアピールポイントです。

〜アピールポイント〜

◎5G関連

テーマ株。

今後、メガキャリアは設備投資において5G関連投資に傾注することが予想され、アルテリアの光回線貸出の需要が高まる可能性がある。

3大通信キャリア以外で唯一、全国規模の光ファイバー網を持つアルテリアがメガキャリアのインフラ共用でオフロードや冗長化の需要に商機。

中長期の成長材料として思惑。

◎全戸一括型マンションISP6年連続トップシェア

この分野のパイオニアとして新築分譲を得意とし、中・大規模集合住宅への提供は8割超を占める。

マンションのリノベブーム等により市場が拡大している賃貸物件においても受注が伸びており存在感がさらに増している。

◎好財務

営業利益率 17.4%

営業キャッシュフローマージン 25.8%

FCF 53億円

高い利益率と高いキャッシュ創出力を持っているというのが財務的な特徴。

◎配当政策

純利益と同水準でFCFを作ることできるため、利益の50%を配当として株主還元。

インフラ事業で安定性や着実性があると同時に、純利益とFCFの伸びのスピードと同じ早さで配当が伸びるので成長性を兼ね備えていると言える。

市場からは十分評価されていると言えますが、足もとの業績も好調で本決算では上振れも期待できる。

5Gのインフラ共用の特需や賃貸マンションへの供給といった中長期的な成長機会が見込まれ、着実な成長がうかがえる。魅力的な投資対象と言えます。

以上です。ありがとうございました。